• ホーム
  • バルトレックス以外のヘルペス治療薬はある?

バルトレックス以外のヘルペス治療薬はある?

多色な薬

ヘルペスには単純ヘルペス(口唇ヘルペス、性器ヘルペス)、帯状ヘルペス、水疱瘡という種類があります。
すべてヘルペスウィルスによってひきおこされる症状です。
性器ヘルペスは性行為が原因なので、これらのヘルペスの治療には、バルトレックスなどの治療薬を服用するか、患部に塗る治療薬を施すことで症状の抑制、緩和、再発を防ぎます。
ヘルペスは再発性が高く疲労すると発症しやすくなるため、常備しておくと便利です。

バルトレックスは、ヘルペスに効く薬として実績も高く知られています。
ヘルペスウィルスの増殖を抑えて単純ヘルペスや帯状疱疹などの治療に使います。
ヘルペスウィルスは細菌よりも小さい生物で他の生き物の細胞内に入り込んで、増殖して水膨れや赤い発疹を発症させます。
ヘルペスウィルスが増殖するためのDNAの複製を阻害して、増殖を防ぎます。
このバルトレックスはヘルペスウィルスが少ないうちに使用すると効果が高く治療も簡単です。
そのため症状が出始めたら、なるべく早い服用が一番大切です。

単純ヘルペスウィルスに対して強力な抗ウィルス作用があり、ヘルペスなどの再発抑制にもなります。
ヘルペスの他の治療薬にバルトレックスのジェネリックとしてゾビラックスという薬があります。
ゾビラックスも単純ヘルペスウィルス、帯状疱疹の治療に有効な医薬品です。
ゾビラックスにはゼリー状、軟膏などのタイプもありますが、処方される飲み薬が一番有効です。

やはりウィルスを攻撃して増殖を防ぎますが、バルトレックスより服用回数が多くなります。
さらにファムビルという医薬品もヘルペスウィルスに効果のある抗ウィルス剤です。
口内炎、口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどの治療に用いて内服薬や軟膏として使用します。
ヘルペスウィルスのDNAの複製を阻止して症状の悪化を防ぎます。

バルトレックスを服用して他の軟膏薬を併用しても構いませんし回復が早いかもしれませんが、保険適用にはなりません。

関連記事