• ホーム
  • 性病かと思ったら泌尿器科医院へ行きバルトレックスを

性病かと思ったら泌尿器科医院へ行きバルトレックスを

性病にもいろいろなものがありますが、その中でも割とよく見られるものの1つにヘルペスというものがあります。
これは口唇ヘルペスといって口の周りに水ぶくれが出来ることもありますし、性器ヘルペスは性器周辺に水ぶくれが出来る物です。
そのため出来る場所は異なってもヘルペスというウィルスの名前だけはきいたことがある、知っているという人も多いでしょう。

性器ヘルペスは名の通り、男女の性器周辺に出来る物ですが、これは性行為によって感染します。
はじめはかゆみを持ち、その内中に水の入った水ぶくれが出来るようになってしまうのです。
水ぶくれが出来るとかゆみと痛みを発生します。
性器周辺に出来てしまったトラブルは男性の場合、泌尿器科医院に行くことが一般的です。
皮膚科でもいいですが、なかなか性器周辺の皮膚を見せるのは勇気がいることです。

もしも皮膚の特徴や痛みの特徴などで性器ヘルペスの診断を受けたら今度はバルトレックスという抗ウィルス薬の処方を受け、内服を始めます。
出来てしまった性器ヘルペスは仕方ないのですが、このバルトレックスを早期に飲みはじめることによって、痛みを最小限に抑える、そして水ぶくれの広がりを抑えてくれるなどの効果があるのです。
そのために性器の皮膚周辺のトラブルがあった場合には、出来るだけ早くに泌尿器科医院に行くといいです。
バルトレックスを飲みはじめると、症状を最小限に抑えることが出来るので、かゆみなども少し軽減することでしょう。
また内服をしないでいるとかゆみなどで掻き毟ってただれることもあるけれど、バルトレックスの内服をはじめていると、それほど掻き毟ってしまうことはありません。
そのために治りも早くなるのです。

関連記事